後悔しない葬儀を執り行うには

皆さんは誰かが病院で亡くなると、寝台車の 手配は病院がしてくれるものと思われるでし ょうが、それは誤りです。病院が手配した葬 儀社に、ご遺体を自宅まで送っていただきま すと、当然葬儀もその葬儀社にお世話になる ことになり、利用者として葬儀社の選択権が なくなってしまいます。葬儀社は一度お願いしてしまうと変更するのが難しいので気を つけましょう。

臨終

死装束その地域の習俗や宗教宗派により、様式や方法が異なります。詳しい人に意見を聞くと良いでしょう。一例をあげると、帯を立て結びにする、衣服の前身ごろを左前にする、など日...

詳しくはこちら

届出

葬儀の知識

死亡届の出し方のポイント死亡診断書と死亡届医師が作成した死亡診断書を(葬家の記入欄もあります)。持って役所(市区町村役場)に死亡届を提出します。 不自然死(一般...

詳しくはこちら

手配

葬儀の知識

葬儀の日取り葬儀は故人の遺志を尊重し、予算規模などの面でも、手落ちなく事を進めるように心がけることが必要です。そのためには葬儀で大きな役割をもつ僧侶の予定を確かめるのは...

詳しくはこちら

通夜

通夜の服装通夜の弔問に向かう時は、急な通夜は平服でも良いですが、遺族はできれば喪服を着用しましょう。通夜は主に近親者や故人と特に親しい関係にあった方々が集まり、故人の冥...

詳しくはこちら

納棺

納棺地域の習俗、宗教宗派により様式と方法が異なります。本来は親族が行うことですが、葬儀社にお願いすることもできます。故人に対する愛情の表現として、故人の愛していた小物類...

詳しくはこちら

出棺 火葬 ご収骨

葬儀の知識

出棺棺の蓋を開き、故人と最後の対面をします。最後の人が対面を終えたら、蓋を閉めます。棺の中には金属、ビニール、プラスチックなどの不燃物は入れないように注意します。 この...

詳しくはこちら

葬儀告別式

葬儀の知識

葬儀、告別式葬儀とは本来、僧侶の読経で死者があの世に導かれ、遺族や近親者など、故人と特に親しかった人々がその成仏を祈るものです。そして、告別式は一般の友人、知人らも参列...

詳しくはこちら

祭壇

祭壇および葬儀コース価格JA葬祭では、ご葬家のご要望に応えるため、各種葬儀コースをご用意させていただいております。安心してご葬儀を依頼いただけるよう、安心・明朗な価格設定...

詳しくはこちら

供物

供物のご用命は価格については、お電話でお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

葬儀・告別式会葬の心得

香典・数珠葬儀や告別式に参列することを会葬といいます。葬式とは葬儀と告別式のことです。葬儀は親しい関係の人、告別式は一般の関係の人が参列するのが普通です。...

詳しくはこちら

法要

初七日から七七忌(四十九日)まで仏さまの教えによれば生まれるまでの存在を生有、生まれてから死ぬまでを本有、死の瞬間を死有、死んでから次の世に生まれ変わるまでを中有と言いま...

詳しくはこちら

位牌

位牌死者の霊を祀るために戒名を書いて、家庭の仏壇や寺院の位牌壇に安置する木牌を位牌といい、霊牌とも呼びます。死者の霊を祀るために戒名を書いて、家庭の仏壇や寺院の位...

詳しくはこちら

お仏壇

お仏壇について仏壇は日本の長い歴史と伝統の中で定着し、現在ではほとんどの家庭で設けられています。限りない知恵と慈悲の心を持つ仏様に形を通して遭うことのできる場所、それが...

詳しくはこちら

お墓

お墓を建てる計画誰が建てるのか?戦後まもない頃まで、お墓を建てるのは故人の長男でしたが、法律が変わり兄弟平等に相続権をもつ現在では、兄弟でお金を負担する例が多い...

詳しくはこちら

神棚・神具の知識

神棚のまつり方注連縄(しめなわ:太い方を右側にします)鏡 神棚は浄明の象徴で、神明の照鑑とけがれのない誠の心をあらわします。榊 栄える木の意味で主に神事に...

詳しくはこちら

こんなときは、どうする?

生前のご相談をおすすめします。生前予約と御見積のメリットいつも心構えをしていても、いざ不幸が発生すると人は動揺するものです。特にお金の問題に関して...

詳しくはこちら

知っておくと安心!

病院でお亡くなりになった場合は、JA葬祭にご一報ください。病院で亡くなられた場合の心得病院には、通常一般の葬儀社が常時係員を派遣し...

詳しくはこちら